非常災害時の対応について

※学校から配付しているプリントはこちらからご覧ください。


警報が発表された場合の対応

 〇「暴風警報」
「大雨特別警報」(途中で「大雨警報」に切り替わっても対象)
 〇 台風による「大雨警報」(台風の影響によらないものは除く)

1.当日の午前7時現在、上記警報のいずれかが発令されているときは登校を見合わせ、午前10時まで自宅待機とします。(注意報のときは平常どおり登校させて下さい。) 

2.午前10時現在でなお、上記警報が発令されている場合は、臨時休校とします。

3.午前10時現在で、警報が解除されている場合は、午前10時の段階で判断登校し、午前中授業の後、給食を食べずに下校します。

4.前日の午後6時までに、大阪狭山市を含む大阪府域に台風による「災害モード宣言」が発信された場合は、臨時休業とします。

なお、児童が在校中に、上記警報が発令された時、通学路の状況を十分考慮し、安全を確認して早期に下校させます。下校時に危険が予想されると学校が判断した場合は、学校待機とします。その後、警報が解除された場合には、学校で安全を確認してから下校させます。   


大規模地震発生時の対応 

 当日午前6時から登校までの間に、大阪狭山市及びその周辺地域において、「震度5弱以上」の地震が発生した場合は、臨時休校とします。

上記の時間帯・地域で「震度4以下」の地震が発生した場合は、被災状況等の安全を確認した上で、通常通りの登校とします。

 大阪府域に、地震による「災害宣言モード」が発信された場合は、市内の被害状況を踏まえて、臨時休業や早期下校、学校待機等の対応をします。


雷および雷注意報発令時の安全対策について

 登校時に雷が発生した場合は、雷がおさまるまで登校を見合わせてください。

下校時に雷が発生し、児童の帰宅が困難と判断した場合は、安全が確保できるまで学校に待機させます。待機が長時間になる場合は、お迎え等の協力をお願いいたします。(その際、校内での混雑が予想されますので、お車は西門から入って運動場に停めてください。)


 普段から、非常時に備えて、保護者の勤め先や行き先を児童に知らせておいて下さい。保護者が不在がちの場合は、非常時に備えて、児童の保護について、親戚や近所の方などに依頼しておいて下さい。